適応障害

適応障害に向いている職業は?

こんにちはダイ(dai_k2918)です。

今回は、

「適応障害に向いている職業は?」

という内容でお話ししていこうと思います。

 

適応障害とはその名の通り、社会などで適応できないことで発症する精神疾患です。

周りからは、

「ただ心が弱いだけ」

「その環境に適応しようと努力してないだけ」

と、理解を得難いことがあります。

 

職場には、いろんな人がいるわけで

人それぞれ価値観や常識の範囲が違うので、適応できない場面はたくさんあると思います。

適応障害の方に向いている仕事

今の仕事では、周りに迷惑をかけてばかりで、このまま続けるのは無理と感じている方も多いかもしれません。

 

ですが、転職するにしても、適応障害の自分に向いている仕事なんてあるのかと、思うと不安になりますよね。

事務・経理

適応障害の症状には波がありますので、辛くなったときに休みやすい仕事だと、負担がかかりにくいといえます。

 

オフィスワークの仕事だと、事務や経理などのバックオフィス業務は、会社規模などにもよりますが、比較的に休みが取りやすいです。

 

業務もルーティンワークが多く、

臨機応変な対応が求められる機会がほとんどないことも、

適応障害の方には有難いポイントといえるでしょう。

 

製造業

製造業も比較的に休みやすい職場が多く、適応障害の方でも無理せずに働けます。

 

大変そうなイメージが強い製造業ですが、

取引先に合わせて仕事をするため、

土日休みや連休取得が可能な職場も少なくありません。

ルーティンワークなので、仕事さえ覚えてしまえば、最低限のコミュニケーションだけで、黙々と働き続けることも可能です。

データ入力

データ入力は、WordやExcelなど所定のソフトを使い、データを打ち込む仕事です。

 

難しい業務ではないため、リモートワークを認められている場合も多く、人とコミュニケーションを取るのを極力避けたい方にはおすすめといえます。

 

ただし、データ入力だけの仕事(正社員)というのは、あまりありません、事務作業やコールセンター業務と兼任している、または、アルバイト求人が多いでしょう。

 

県庁・市役所職員

県庁や市役所の職員も、休みやすく働きやすい環境が整っているためおすすめです。

 

休みが取りやすいのはもちろんのこと、基本的には残業がないのも大きな魅力といえます。

 

県庁・市役所で働くためには、公務員試験に合格しなければなりませんが、休職中に勉強するのも一つの手かもしれません。

社会人になって適応障害になる原因

適応障害という病気は、下記の状況で発症してしまうケースが多いと言われています。

 

  • 人間関係にストレスを抱えている
  • ハードワークで不規則な生活を送っている
  • 何かに強いプレッッシャーを感じている

 

社会人になって適応障害になってしまう原因は、職場で上記の理由で知らず知らずのうちに強いストレスを抱えているために、発症してしまうことが多いのです。

 

また、職場以外でも結婚や出産、引っ越しなど、環境が大きく変化することも原因としてあるようです。

 

適応障害になってしまうと、朝仕事に行こうと思うと体調に異変を感じてしまうことも多く、

仕事がしたいと思っていても身体がついていかないという状態になってしまうのです。

 

上記にあげた仕事は、

適応障害の方でも働きやすい仕事ではないかと思います。

適応障害は甘えではない

適応障害で働けないと自分を責めてしまいがちですが、

適応障害で働けないのはあなたのせいではありません。

 

それはなぜかというと、上記でもお伝えしたとおり、適応障害は心の疾患で病気でもあるため”甘え”ではありません。

 

適応障害で働けなくなってしまったのは職場環境が一番影響を受けています。

 

それをあなた自身の”甘え”だと見る人が多いので働けないんです。

適応障害であっても周りの理解があれば必ず働けるようになります。

今すぐ働かないという選択肢も

今すぐ働かないという選択肢もあると思います。

 

何も一生働かなくていいよと言いたいわけではありません。

働けるタイミングが来たら働けばいいんです。

今のまま働いてもまた辛くなってしまい、辞めてしまっては意味がありません。
無理は禁物です。

まとめ

適応障害に向いている仕事というのは、どちらかといえば

一人で黙々と作業する仕事であったり、

ノルマがなく自分のペースでできる仕事が向いていると思います。

 

僕は今、2019年の10月より始めたビジネスで稼いで生活しています。

場所や時間に縛られず自分のペースで稼ぐことができています。

 

適応障害は誰にでもなりゆる精神疾患です。

決して甘えではなく、職場の環境や周りの理解が変われば必ず良くなります。

 

まずは休養や職場を離れるなどし、体調を整え

無理せず自分のペースでいい仕事に出会いましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

僕は今アフィリエイトに挑戦しています

アフィリエイトで場所や時間に縛られず稼いでいます。

適応障害という診断を受けましたが、

今は心身ともに健康に生きています。

 

僕と同じアフィリエイトに挑戦したい

人生変えたいという方はお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
xanxun111
1996年生まれの現在23歳。 元信用金庫職員。 毎日の仕事が辛く、収入面にも不安を感じていた為2019年10月よりアフィリエイトに挑戦。 その後適応障害の診断を受け2020年7月に退職代行を利用し、退職。 現在はアフィリエイトで50万〜60万をコンスタントに稼げるようになり、会社に縛られない生き方を実現。 目標は アフィリエイトの収益を運用資産を構築する。 自分で稼ぐ力をモットーに何にも縛られない生き方を!!