マインド

未来把握〜未来を見据えて動く

こんにちはダイ(dai_k1004)です

今回のテーマは

「未来を見据えて動く」

これについて考えていきたいと思います。

これからの日本の未来を知り、その未来を見据えて対策していかなければいけません。

例えば、一週間後に地震がきます?これが分かっていれば何か対策しますよね?

なぜ、未来を見据え、自己変革していかなければならないのか、スキルをつけなければならないのか、

あくまでも僕の主観ですので、この記事を読んで、少しでも自分の将来を考えるきっかけになれば良いなと思います。

大リストラ時代の到来!?

これから10年以内に、大リストラ時代が来るのではないかと予想しております。

「そんなわけないじゃん」

と、思う方もいらっしゃると思いますが、大手企業、メガバンクでも人員削減がなされていますよね?

ではなぜ、これからもっと増えていくと思うか?

これをお伝えしていきます!

国や企業が守ってくれる時代は終わった

皆さんは、自分の未来家族を、国や企業が守ってくれると思っていませんか??

実は間違いで、

自分の未来や家族の将来は、国も企業も守ってはくれません

これは明らかで、国も企業も既に提言していますよね??

国は企業に対して、定年雇用努力を義務化しています。

「あなたの会社の従業員は、雇い主である会社が70歳まで面倒みてくださいね」

定年廃止や延長、再雇用などの対応をとり、70歳まで面倒を見るよう、企業に押し付けています。

しかし、あの大企業のトヨタの社長である豊田彰男さんや、経団連の会長である中西会長は、

終身雇用無理!守れない!

企業が終身雇用を続けていくのは難しい!

大企業の社長や経済界のトップがこう述べていますよね!?

多くの企業が、従業員の将来の面倒見るのは難しいと思っているはずです。

じゃあ国が守ってくれるか??

「老後の資金として2000〜3000万円貯めておいてくれ」

少し前に問題になりましたよね??

今後、年金はもらえない、もらえたとしても生きていける金額ではなくなると思います。

年金制度、終身雇用制度が崩壊してきている今、

「大企業に勤めて終身安泰」

こういう時代ではないと思います。

企業の経営方針は変わっていく

終身雇用年功序列という言葉があったように、日系企業は、会社に居続けることができれば、会社に守ってもらえるという印象があったと思います。

しかしこれからの時代は、

「スキルのない人間はクビだ」

「結果の出せない人間には給料出さない」

いわば成果主義。外資系企業によくあるスタンスだと思いますが、

多くの企業が、このような経営方針に変わっていくのではないかと思います。

だから自己変革・スキルを身につける

ここまで、日本の今後についていろいろな話をしてきましたが、

これからの日本で生きていくためには、まずは何かスキルを身に付け、生き残る力をつけるべきだと思っています。

僕は、こういった現状を考えた時に、自分の将来にとても不安を感じたので、今いろいろなことに挑戦しており、これからもスキルを身につけ磨いていこうと思います。

自分の将来、自分の家族を守れるのは自分だけです

この記事を読んで、少しでも自分の将来を見据えるきっかけになれば良いなと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

ABOUT ME
アバター
xanxun111
1996年生まれの現在23歳。 元信用金庫職員。 毎日の仕事が辛く、収入面にも不安を感じていた為2019年10月よりアフィリエイトに挑戦。 その後適応障害の診断を受け2020年7月に退職代行を利用し、退職。 現在はアフィリエイトで50万〜60万をコンスタントに稼げるようになり、会社に縛られない生き方を実現。 目標は アフィリエイトの収益を運用資産を構築する。 自分で稼ぐ力をモットーに何にも縛られない生き方を!!