仕事

「銀行」、「信用金庫」新入職員の主な仕事とは?

こんにちは^^

dai_k(@dai_k2918)です

僕は現在、地方の信用金庫に勤めています。

2019年4月に入庫しはや1年が経とうとしています。

1年を振り返ってみて、融資や相続など、今まで関わらなかったようなことに関わることができたり、大金を目の前にして自分の金銭感覚が狂いそうになることもありましたね(笑)

20卒の方はこの時期期待や不安、学生時代を名残り惜しく感じていることでしょう。

そこで今回は、20卒の方には最も近い1年目の僕が、信用金庫(銀行)は主にどういうことをするのか、その仕事内容を伝えていきます。

もちろん銀行や信用金庫、配属部署によるので参考までに^^

新入職員研修

僕は入庫してから、人事部のもとで研修を受けました。

私の会社で最初にあったのは3日間の宿泊研修です。

入庫式(入庫式当日配属先決定)の翌日から、自金庫の研修センターで3日間宿泊で研修を受けました。

宿泊研修では、主に座学。

研修の内容は挨拶の仕方を始めとするビジネスマナーの他、預金・融資・資産運用・銀行での業務規定といった銀行員ならではの講義でした。

ついでに言うと最近の新人研修ではSNSやブログの使い方といった内容にかなり多くの時間が割かれていると聞いています。(個人情報の漏洩など)

座学に加えて、僕の会社では朝に朝礼、ラジオ体操、社歌を歌いました。

朝礼では人事の監視のもと、社訓を大声で言わされ、声が小さければ何度もやり直し。

入庫して分かったのは、金融業界は基本的に、体育会系の組織です(笑)
銀行によっては1ヶ月丸々研修というところもあると聞きますが、僕の会社の場合は、定期的に研修がありますが基本的には支店勤務です。

融資業務

配属されてから今までずっと融資を担当しています。

消費者ローンの受付

マイカーローンや教育ローン、住宅ローンやカードローンなど、消費者(個人)ローンの受付を担当を任さられました。

やることは、来店したお客様に仮申込書を書いてもらい、それをもとに保証会社に審査を依頼することです。

そして審査が可決になったら、お客様に本申込にきてもらい、申込書の記入、重要事項の説明などをして契約のための印鑑を押してもらいます。

今ではわざわざ来店しなくとも出来ることなのであるが、それでも来店する客がそれなりにいるのが現状です。

高齢者のようなネットに対する理解が皆無の方や、時代の変化が汲み取れていないような若者などが来店して紙による手続きをしに来ます(笑)

各種消費者ローンの受付をすることで、初めて本格的に接客というものをするようになりました。

その他に窓口では、繰り上げ返済や抵当権抹消、カードローンの解除など様々な手続きの対応をしています。

事業性融資

事業性融資と言っても、いきなり決算書を見てお客様と話し合ったり、上司や支店長と協議を進めていくわけではありません。

最初は長い付き合いの得意先のお客様が頻繁に持ってくる手形を受け付け、『手形割引』の融資に取り組みました。

要件をチェックして受付け、その後『稟議書(りんぎしょ)』というものを作成します

稟議書というのは、簡単に言うと、『この会社の経営状況は〜、売上は○○千円で、返済見込があります。○○万円の融資に取り組んで良いと思います。』といった意見を書き、上司から支店長までの意見を求めていく書類の事です

支店において、決裁権限があるのは支店長です。
案件によっては本部の部長や理事長に決裁権限があるものもあります。

ですから、支店長がOKを出さないと、基本的には融資の実行をすることはできません。

稟議書は紙媒体で古臭く、
『手形銘柄○○は東証一部上場であり、落込は良好。店長決済極度内取組であり、金利~%にて対応したく存じます』みたいな感じで堅苦しいです。

どうしてこんな堅苦しい言葉を使うのかいまだによくわかりません(笑)

現在は、ローカウンターに座り、お客様の対応をしながら、証書貸付、当座貸越などの稟議書を作成しています。

雑務

新入職員にとって大変なのはなんといっても膨大な量の雑務です(笑)

雑用的な事は今も変わらずやっているのですが、自分もやらなきゃいけない案件を持っているのにもかかわらず、雑務を押し付けられるので、仕事が全く手につかない時もあります。

  • コピー用紙の補充
  • 用度品の注文
  • 電話対応
  • 役所や保証協会などへのおつかい
  • 荷物の運搬
  • 物件実地調査

まだまだありますが1日に数えきれないほど雑務をこなします(笑)

休日の地域の行事などへの参加も基本的には若手が駆り出されるので、新入職員は絶対参加です(笑)

誰もが通る道といわれますが、くそくらえって思いながら今もやっています!

預金業務

僕はやった事ないので、詳しい内容はわかりませんが、基本的には

  • 入出金
  • 振込
  • 税金等の支払い
  • 出納
  • 為替
  • 相続

主に窓口でこういったことを受け付けます。

現金その場限りという言葉があるように、違算に気を付けなければならないので最初のうちは神経を使うのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?
僕は、金融機関は自分が思っていたよりスマートな仕事ではなく泥臭い仕事な印象です。(メガは違うかも)

1年目は特に元気に明るく休まず出勤するのが仕事みたいなところはありますね。

今、地銀や信用金庫の再編が言われている中で古臭さが残っているのが現状です。
また低金利の影響を受けて苦しいのも間違いありません。

僕が働く信用金庫も地方数県の中でもトップクラスですが低迷する一方です。

銀行や金融機関はこれから数年でもっと変わって行くと思いますが、実際学べることが多いのも確かです。

支店長を目指すもよし、キャリアアップのステップにするのもよし!入行、入庫してから出ないと分からないこともありますし、

実際、支店や上司によって雰囲気やり方が違うのも確かです!!

これから働かれる20卒の方々、大変なこともありますが頑張りましょう!

少しでも金融機関に興味のある方の参考になればと思います。

ABOUT ME
アバター
xanxun111
1996年生まれの現在23歳。 元信用金庫職員。 毎日の仕事が辛く、収入面にも不安を感じていた為2019年10月よりアフィリエイトに挑戦。 その後適応障害の診断を受け2020年7月に退職代行を利用し、退職。 現在はアフィリエイトで50万〜60万をコンスタントに稼げるようになり、会社に縛られない生き方を実現。 目標は アフィリエイトの収益を運用資産を構築する。 自分で稼ぐ力をモットーに何にも縛られない生き方を!!