仕事

銀行・信用金庫の仕事は辛い?周りが反対しても自分が辛いなら辞める選択も

こんにちはダイです。

 

銀行とか信用金庫って、

安定性が高く憧れる人が多い職業です。

 

昔ほどではないものの、

銀行に就職することは公務員になることと同じくらい安定で、

給料が高い仕事と言われています。

 

しかし、実際に銀行や信用金庫で働く人の中には、

仕事が辛くやめたいと思っている人が多いのが実情です。

僕もその一人でした。

 

高い倍率を勝ち抜いて銀行員になった人が、なぜ辞めたくなってしまうのでしょうか??

今回は、銀行員の仕事のデメリットを紹介していこうと思います。

銀行や信用金庫を辞めたくなる理由は?

銀行や信用金庫の職員は、側から見れば高給取りで安定とイメージがあると思います。

しかし、想像以上に大変な仕事

辞めたいと感じている人は非常に多いです。

 

僕の考えや、周りの意見も踏まえて銀行や信用金庫の仕事の大変さを紹介していきます。

安定ではなく走り続けなければならない仕事

銀行の仕事は安定していて、一度就職してしまえば安泰という思う人が未だに多いです。

 

お客さんや、親戚にも散々言われてきました。

しかし、ご存知の通り銀行も潰れる時代です。100%の安泰はどこにもありません。

最近では横浜銀行と千葉銀行が業務提携を結ぶなど、

地銀や信用金庫を取り巻く経営環境も厳しさを増していますよね。

 

実際、僕のいた信用金庫も、

規模縮小ということで、人員や支店を削り始めました・・・

 

話が逸れてしまいましたが、銀行や信用金庫もなくなってしまう可能性はあるのです。

 

また入行してからも覚えることが山のようにあります。

 

特に最近では、保険や金融商品などを多く扱っているので、知識を入れても入れてもまた新しいことを覚える必要があります。

 

つまり安定というよりは、

努力して走り続けなければなりません。

 

もちろんどの仕事にも言えることだと思いますが、

特に銀行員は継続学習が必要な仕事でもあります。

ノルマがきつい

銀行や信用金庫はノルマがきついことでも知られています。

僕はとにかくこれがキツかったw

プレッシャーが半端ないんですよね・・・

 

若いうちはノルマに追われることが多い上に、

知識が未熟であるため契約を取れないことも多いです。

もちろんビギナーズラックや上司との同行で契約を取れることもありましたが、

未熟すぎて、チャンスを逃してしまことが多いと思います。

 

ノルマは融資だけではなく、

保険や投信など、商品ごとに厳しいノルマがの設定があります。

 

会社なら利益を求めることは当たり前だと思いますが、

ノルマを達成してもまたノルマを課せられる・・・

管理職になるまでは永遠ノルマとの戦いになります。

営業職じゃなくてもノルマがあることも

渉外担当以外にもノルマを課せられることがあります。

 

銀行で手続きを行なっているときに、

窓口のお姉さんに運用商品や保険などの勧誘を受けたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

支店の方針にもよりますが、窓口担当者にも大きなノルマが課せられ、

達成できなければ厳しく怒られてしまうことも。

僕は、高卒の一般職の同期の女の子と一緒の支店に配属されたのですが、

月末に預金代理に怒られている姿を見るのは辛かったです・・・

 

日頃銀行を利用している人や、窓口担当者に対してのイメージで多いのが

涼しい支店の中で、のんびり客の対応をして

15時には閉まって楽に良い給料がもらえるなんて思ってる人もいると思いますが、

こんな昔のイメージとは大きく変わっているのでやめましょう。

残業が多い

15時に支店が閉まってしまうので、

利用者の多くは銀行員は定時で帰れるものだと思っているかもしれませんが、

営業時間が終わってからの仕事は想像以上に多いです。

 

1円でも合わなければ帰れないと聞いたことがありませんか?

実際に帰れませんw

外回りから支店に戻ると、いつも16時に帰るパートのおばちゃんがまだいて、

「どしたんですか?」と、こっそり聞くと、

「〇〇が合わないから帰れないの(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」

とかいうことがよくありました。合うまで帰れないのは本当です・・・

 

僕はペーペーだったので、何のお金かも分からず、19時に粗品を持ってお客さんのところにお金を返しに行くこともありました。

 

また先ほども言いましたが、ノルマが非常に厳しいため

渉外担当者は日中は必死に数字を追っています。

そのため自分の事務作業は後回しになってしまうのです。

 

それが長時間にわたるサビ残に繋がり、体がボロボロという職員も多いのが実情です。

 

ただ僕のいた信用金庫は

残業に対して厳しかったため、19時には必ず支店を出るだとか

それ以上残業する際は本部に申請することなど残業に対して厳しかったです。

逆にこのせいで、昼飯も食べれない、休憩もできないという状況でしたが・・・

転勤が多く定住できない

地銀の地域限定採用や、

信用金庫だと、まだ県内なのでなんとかなるとは思いますが、

転勤が多いのは事実です。

 

そのため独身の時はいいかもしれませんが、

家族ができた時、家を買ったとしても

隣の市の支店に配属になることもあります。

体質が古い

銀行や信用金庫は昔から、

安定性が高い、公務員のような仕事だと言われることもあります。

 

僕の偏見かもしれませんが、

安定性の高い仕事と言われている業界は、

企業体質が古く昔ながらの悪しき風習が残っていることが多いのではないかと思います。

 

古い考えの人間がまだ残っているせいか、昔ながらの考えを持った上司が未だに多く、

若手はその考えについていけない、理不尽な上限関係を我慢せざるを得ない状況にあります。

 

僕が「こんなの無駄でしょ・・・」と思っていたことは、

飲み会でのお酌、始業は8時40分なのに支店には7時30分前にはいなければいけない、

飲み会、有給の次の出勤日には「飲み会(有給)ありがとうございました」と、

言って回らなければいけない。

社会人として当たり前なのか?僕がおかしいのか・・・

 

近年、

これだけ民間企業で自由な働き方や発想力が求められている時代において、

若い世代にとっては窮屈としか感じません。

派閥があることも多い

特に古い人たちの派閥があることが多く、

派閥争いに巻き込まれることや、

派閥に所属していないと出世コースから外れてしまうということも・・・

都市伝説的な感じで上司は言っていましたが、

実際にあったみたいです。

 

また、未だに学歴で評価される業界だと思います。

僕は私立文系Fラン大卒なのですが

入庫してから上司に

「大学どこ?」と聞かれ答えると、「ふ〜ん・・・」と返ってくることが多かったですw

 

飲み会の時など、他人のことを話す時、

「あいつは〇〇大学だから・・・w」

みたいなこと言っている上司いませんか?w

 

プライドが高い人、クセが強い人、古い考えの人と付き合っていくのは大変で、

人間関係の悩みで、精神的にストレスが強くなります。

融資担当は自責の念に駆られることもある

ベテランなどになってきて融資を担当することになると、

精神的なストレスがさらに増えることになります。

 

企業や個人に対してお金を貸す銀行の融資の決定によっては、

会社が倒産したり、最悪の場合には経営者の家族が崩壊してしまうケースもあります。

 

もちろん、お金を返せないと判断された人に融資をすることは、

銀行としても損失になるため、冷静な判断のもと融資を却下したのは仕方のないことです。

 

しかし、自分が下した決定が誰かの人生を左右するということは、

冷静に考えると非常に恐ろしく、精神的に負担がかかることでもあります。

 

不景気になればなるほど、銀行の融資担当は自責の念に駆られることも増え、精神的なストレスが相当なものになっていきます。

休日も勉強しなければならず休めない

銀行に入社すると、色々な資格などを半強制的に取得させられることが多くなります。

そのため、疲れて仕事から帰った日や休みの日にまで勉強時間に割くことになり、

休日はあってないようなものです。

 

自分がやりたいことではなく、

強制的にやらされる勉強では精神的にも厳しいものがあります。

 

勉強嫌いな僕にとってはめちゃくちゃ苦痛でした。

仕事が辛いのなら転職も視野に入れるべき

銀行や信用金庫の仕事がめちゃくちゃきつくて辛いのに、

倍率の高い中せっかく入ったから早期退職するのはもったいない気がしてなかなか辞められないという方や、

 

親や親戚、友人から

「せっかく入ったのにもったいないよ」

と言われてなかなか踏み出せない人もいると思います。

 

ですが、自分が嫌な仕事に時間を費やすのはもったいない気がしませんか?

頑張って耐えたけど、結局3年後5年後に辞めてしまった。

 

もちろんその時転職する際には、

元銀行員という信頼のある肩書で転職しやすいとは思いますが、

今の立場に固執せず、自分に合った仕事を見つけるのも手だと思います。

 

早いうちから将来に希望を持って働ける会社に入り、そこでキャリアを積むのも1つの手だと思っています。

 

僕は1年目から信金で働くことに嫌気がさしていたので、

とにかく辞めたいと思っていました。

 

別の道を考え、

公務員講座も申し込みましたし、転職エージェントも利用しました。

ですがやっぱり勉強も嫌いで、組織に属して働くのは無理だと思ったので、

今の仕事?を選んで本気で取り組んできました。

 

その結果、何にも縛られず自由に生きることができています。

 

安定だから?ネームバリューがあるから?

好きでもないことを続けるのは苦痛でしかないと思います。

僕みたい体を壊してしまうかもしれません。

 

今の時代働き方は多様です。

 

僕の経験をもとにお話しさせてもらいましたが、

友人の会社と比べても銀行、信用金庫は確かにおかしいところはあります。

 

誇れる人は誇れる仕事だと思いますが、無理な人には無理な仕事だと思います。

 

この記事をきっかけに、

今辛い思いをしている人が、何か新しいことを始めるきっかけになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

僕は現在自分で稼ぐ力を身につけ、

ないにも縛られない生き方を実現しました。

 

数ヶ月前まではただの信金職員。

 

変わりたいけど何をしたらよいかわからないという方や、

ネットビジネスで成功し脱サラしたいという方。

僕で良ければ道標になります。

 

質問からでも結構です。

気になる方はお気軽にご連絡ください。

ABOUT ME
アバター
xanxun111
1996年生まれの現在23歳。 元信用金庫職員。 毎日の仕事が辛く、収入面にも不安を感じていた為2019年10月よりアフィリエイトに挑戦。 その後適応障害の診断を受け2020年7月に退職代行を利用し、退職。 現在はアフィリエイトで50万〜60万をコンスタントに稼げるようになり、会社に縛られない生き方を実現。 目標は アフィリエイトの収益を運用資産を構築する。 自分で稼ぐ力をモットーに何にも縛られない生き方を!!