仕事

銀行、信用金庫で働くメリット、デメリット

みなさんこんにちは。

dai_kです。

今回は、銀行、信用金庫で働くメリットデメリットについて話をしていこうと思います。

私はまだ1年しか働いていませんが、私の独断な偏見と、上司や先輩からの話、一般意見等をまとめてみましたので参考になればと思います。

銀行、信用金庫はいまだに人気の就職先です。社会的な信頼度が高いなどのメリットがあるイメージですが、その反面にのぞまない人間関係の構築、悪しき風習が残っているなどのデメリットがあります

銀行で働くメリット

まずは銀行で働くメリットですが3つあります。

  • 社会的信頼度の高さ
  • 多くの人(経営者)と出会うことができる
  • 資格取得、金融リテラシーの向上

社会的信頼度の高さ

1つ目は、社会における信頼度の高さです。

みなさんは銀行員にどのようなイメージを抱きますが?

僕は就職するまでは、勤勉で、立派な職業のように感じていましたが、実際世間から見るとそのように感じる人が多いのではないかと思います。

昔から銀行は人々にとっては欠かせないサービスであったため、身近に感じる存在だからこそ、銀行に信頼を置いている人は多いのではないかと思います。

多くの人(経営者)と出会うことができる

2つ目は多くの人と出会うことができるです。

銀行は、取引をする人や企業の業界を問わないの(一部例外あり)で、様々な人と出会うことができます。

これは1年目ながら「確かにな」と感じさせられます。

銀行員は、人脈、信頼が大切です。

長く勤めれば務めるほど、たくさんの出会いがあり、1つの業界だけでなく、総合的に知識を吸収することができます。

融資の際には、企業の役員と話をする機会も多く、経営者支店の考えが聞けることは、いい経験になると思います。

資格取得、金融リテラシーの向上

3つ目は、お金に関する知識の向上、たくさんの資格を取得することができます。

仕事の性質上、必然的にお金や世の中の流れに詳しくなると思います!(僕は全然ですがw)

企業の研究、金利や為替、株価などに常にアンテナを張っておかなければならないので、自然とスキルが身についていくのだと思います。

また、複数の資格の取得が求められます。FPや簿記は、転職時に有利という点もありますが、自分自身の金融資産形成にも役立つ知識を得ることができます。

銀行で働くデメリット

  • 営業ノルマ
  • 事務処理の多さ
  • 人間関係

営業ノルマ

デメリット1つ目は、ノルマを課せられることです。

銀行に限った話ではありませんが、推進しなければならない項目は多岐にわたります。

・融資、預かり資産、積立や定期預金、その他諸項目。

社内でも数字に対する注目度はかなり高いです。

厳しいノルマに、心身ともに疲れ切ってしまい、退職や、精神疾患に陥るということも珍しくありません。

事務処理の多さ

2つ目は事務処理の多さです。

お金を扱う仕事ですので、書類などの事務処理が多いです。ノルマ達成に向けて忙しいのにもかかわらず、事務処理が多すぎてそれどころじゃなくなることもあると思います。

最近ではデジタル化が進んでいるので、そういった悩みも減っているとは思いますが、地方の銀行や、信用金庫はまだまだアナログなところが多いのが現状です。

人間関係

3つ目は望まない人間関係を構築せざる負えないということです。

これも銀行に限った話ではないですが、飲みやゴルフなどの付き合いや、上下関係を重視しなければなりません。

配属先の上司に恵まれなかった場合は、人間関係でつらい思いをすることとなります。

まとめ

銀行への就職は、一般的には社会的評価が高まると思います。

メリットもある反面デメリットもそれなりにあるのが現実です。

銀行への就職を考えられている方は、あらかじめ、いいところ、悪いところを知っておくことも大切だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

ABOUT ME
アバター
xanxun111
1996年生まれの現在23歳。 元信用金庫職員。 毎日の仕事が辛く、収入面にも不安を感じていた為2019年10月よりアフィリエイトに挑戦。 その後適応障害の診断を受け2020年7月に退職代行を利用し、退職。 現在はアフィリエイトで50万〜60万をコンスタントに稼げるようになり、会社に縛られない生き方を実現。 目標は アフィリエイトの収益を運用資産を構築する。 自分で稼ぐ力をモットーに何にも縛られない生き方を!!